箱サイズの統一規格を作ってくれ!

scope もうすぐ来る未来

こんにちは。yokkuです。
さて、そろそろ、夢想家普及委員会らしい記事も書いていきたいと
思います。
そんなわけで、本記事の締めくくりは、夢を書いて締めくくります。

途中調査した、事実も織り交ぜますが、
最終的には、空想な事が書いてありますので、
誤解なきようお願いします。

スポンサーリンク

なんで箱サイズはバラバラなのさ

段ボール箱

さて、yokkuは父親の仕事の関係で、
一般の人よりも段ボールに少々詳しい感じなので、
思いついたアイデアです。

別に、自分で作っていたわけではないので、
中の人ほど詳しいわけでは無いのですが、
身近であった関係で、考察については、
かなり深いのではないかと思います。

何か事あるごとに、我が家では段ボールのお世話に
なっていました。
箱では、ないです。段ボール板ですね。
ベニヤ板みたいな形のやつですね。

洋服掛けが欲しいと言えば、
畳状の段ボール端材をもらってきてくれて、
自作してくれる感じでしたね。
そういう時の段ボールは、波の部分が3段に
なっている、それこそ、方向によっては木みたいな
強度がある少し特殊な段ボールです。

作成してくれた、洋服掛けは子供がぶら下がっても
壊れない程度のモノでした。

そんな、感じなので、テレビ台(小さいヤツ)や、
孫向けの、おままごと用キッチンとか、木馬とか、
いろいろなものが段ボール製だったりしました。

ウチは引越しが多い事もあり、段ボール箱にも
かなりお世話になりました。
その様な父でしたので、引越し用の段ボール箱は
半端で廃棄予定の箱をもらってきてくれては、
引越しで使っていました。

段ボール、引越しくらいで使うと、ソコソコ枚数
使うんで、買うと少々値段しますよね。
タダでもらってきてくれるのは助かりましたね。

それでも、余った箱なので、箱のサイズはバラバラです。
タイヤのホイール用の箱であったり、
みかん用であったり、ペットボトル用であったり。
バリエーション、かなりありました。

引越しも慣れて来ると、箱に荷物を詰める
スピードも速くなります。
速いと言うのは、箱見た時に、この箱に
何を入れることが出来るのかが、わかると言う意味です。
箱から飛び出すような長いものは入りませんし、
形状としての組み合わせが悪ければ、
蓋が締まりません。

大きな箱に、本を目いっぱい詰めれば、
重くてとても運べません。
そういう時は、本を半分、残りはぬいぐるみとか。
サイズと、重さ、隙間とかをサっと判断できるようになります。

あー、そのせいなのかも、引越し屋のアルバイトしてた時
トラックへの積み込みは社員の仕事だったんだけど、
ちょうど人が足りなくて、
トラックの周りに荷物があふれて収集つかなくなったから、
とりあえず、トラックへ荷物積んどいたら、
褒められたな。

ちなみに、トラックへ引越し荷物を積むときの基本は、
前方へ堅い物、重い物を基本的には集める。
大事なのは、隙間をあまり作らない事。
らしいです。
輸送中に壊さない、傷めない、
為だそうです。
急ブレーキとか踏んでも壊れない為には、
前の方に集めるのかな。

主役

箱って中身が主役として考えられてるの
知ってますか?

休日出勤のお供で工場でよく時間つぶしで遊んでました。
今時はそういうの無理でしょうね。
工場でスケボーしたり、壁あてしてたり。
父、忙しそうでしたねー

当然、何がそんなに忙しいのか自然と気になるわけです。
セールス用のサンプルの箱をデザインしていたようです。

商品のサイズにピッタリな箱で、
持ち手の位置、大きさとかですね。
印刷の位置や、インクの種類とか。

そんな事見てると、疑問に思うことがあるわけです。
全て商品ごとに印刷、サイズ、紙の種類変えて適切な
箱を作るわけです。
でも普通段ボール箱って包装用とじゃないですよね。
運ぶだけでしょ?って思ったし、思ってる。

野菜とか特にそうですね。
ジャガイモ用、玉ねぎ用、ニンジン用、
種類分ける意味あるの?同じでよくね?

小学校低学年くらいの時に聞いてみました。
「なんでそんなメンドクサイことしないといけないの?」
父は「箱は主役ではないんだよ。中身が主役なの。」

確かに、箱の中に隙間が大きければ、
運搬効率は悪いだろうし、
商品は傷つくかもしれない。

そういう考え方らしいです。

流通が主役じゃね?

今の主役

さてさて、商品が主役の段ボール箱の話しは、
もうかれこれ、40年も前の話です。

今は、もう変わってきていますし、違うと感じています。
流通の内容が変わっていますね。
個人への直接の流通量が大幅に増えていると思います。

特に商品が安価な場合、送料の比率もコスト的に大きいですし、
速さも重要です。
同等の商品だった場合、早く入手できるモノを普通は買うでしょう。

感覚的には5千円以下のモノは商品自体が主役なのではなく、
流通(運搬)の方が主役ではないかと感じています。
より、輸送コストが安く、早いモノが売れると思うからです。
モノが多少悪くて、割高であっても、
輸送コスト、早さが勝っていれば、
そちらが売れるように感じる為です。

私の購買で言うなら、楽天よりamazonを利用する事の方が多いです。
プライムを利用している事もありますが、
同じ物を買ったとしても、送料が安価で、
かつ、到着期間が総じて短いと感じている為です。

このように見た時に果たして、物が主役なのでしょうか?
購買の判断基準として、輸送で決めている部分があります。
物によっては輸送が購買を決定する主役であると
言っても過言では無いのではないでしょうか。

種類

そうかと言って、輸送が主役ではないモノもあります、
精密機器のような、高額になりがちな商品などです。

たとえば、パソコン。輸送が早く、安い事もありがたいですが、
重視するのは、壊れずに手元に届く事ですね。
それこそ、野菜などとは、取り扱い、梱包に
より注意を払わなければならないのは明白です。

早さ

逆に鮮度が命である物もありますよね。
個人取引であれば、朝どれ野菜や、生鮮食品が翌日に届くくらいは、
普通の出来事になっています。

今後、もっと早く入手可能になっていくと思います。

コスト

車の、自動運転、配達の自動化が進むのはもう目に見えています。
決して止まらない流れでしょう。

そうした時に、輸送コストはもっと下がってくると
思われます。

統一規格つくってくれよ!

自動化

自動運転カーが近い将来実現する事は、
夢だと思ってはいないと思います、
各国でも、自動運転の試験してますしね。

もう国内でも、配達の実験が始まっています。

ZMP 無人宅配ロボ デリロ

パナソニック 自動配送ロボ

効率化?

こんな時代なのに、なぜ、箱サイズの全国統一規格が未だないのか
疑問でなりません。

少し調べてみましたが、
業界ごとに統一化は動きがあるようですが、
いかんせん、遅いし、活動が小さいです。

段ボール箱でいえばJIS規格とか、工業規格もあるようですが、
サイズについては3辺合計とかのサイズですし。

国土交通省が、物流の標準化をしたいつもりが
あるようですが、
業界の改善意見を聞くにとどまっているように見えます。

アパレル産業は納品用段ボール規格を決めたのが2017年

JAの全国標準規格統一段ボール 2018年2019年

なんかさ、どの活動も視野が狭いのよね。

たとえば、引越しで言うなら、個人的に使いやすい箱サイズ
2種類くらいあるんですね。
でも、引越し屋さんの箱は使いづらい。
引越し屋さんの箱は、正方形というか横縦の、
区別なく扱える方が運搬に楽だから
そのようにデザインしているのだと思います。

同じように、宅配業者が売ってる箱サイズも微妙。
あれも、運びやすさが重視されてる気がする。

もう少し、長方形よりの方が、収納効率は
良いと思うんですけどね。
このあたりが、世の中的にサイズ浸透しない原因では
ないですかね。

その点、amazonの箱サイズはよく研究されている
ように感じます。
なるべく種類は増やさず効率的に運ぶために、
かなり研究しているように感じます。
それでも、倉庫毎に異なる箱みたいなので、
やっぱり中途半端。

誰が作るの?

とりあえず、統一の規格だれかつくってよ。
国が適当に決めてもいいし、
国が決められないなら、
運送業とか、主体で決めたらいいじゃない。

大きなところが決めてくれると話が早いんだけどな。
amazonとヤマト運輸あたりで規格きめたらいいんじゃないかと、
本当は、段ボール屋が気が付いて、
主導取ればいいのだけど、
昔からの流れで、段ボール屋は脇役と思い込んでると
思うので期待はしていない。

みんなで盛り上げていこうよ!

どこかが規格作ったなら、
その規格に皆さん乗っかりましょうよ。

なんでわざわざバラバラにするの?
日本郵便、ヤマト、佐川、なんで微妙に箱サイズ変えてるの?
わざとやってるよね。
10mmかそこら変えて、
サービスに差がでるわけ?

トラック輸送とか、
自動配送とか大きな視点で考えたら
デメリットしかないよね。
なんでそういう小さい尺度でしかものを考えられないのか。

なんで国は規格くらい決めてやれないのか、
規格は守らせるものじゃなくて、
都合が良ければそれが活用されるってモノだ。
さっさと案の提示くらいしやがれ。

こういう小さなせめぎ合いが配送自動化とかの
技術発展を邪魔していくわけよ。
もっとワクワクする未来に向けて、
進んでいこうとなんで思えないのか。
活動ができないのか。

近い将来、トラック輸送、配達配送はもとより、
中継の積み下ろしあたりまで含めて、
完全自動化になると思います。

卸し業などは、無人化がすすみ、
個人であれば、ロボット配送や、
ドローン配送が主流になるでしょう。

そういう未来が待っているのに、
箱のサイズみたいな簡単な、統一ルールを作れない
クソ人間のせいで、技術発展や、進歩が
遅れていくのが目に見えていて
非常にやるせないです。

終わりに

さて、文章の組み立てというか、
思考がとっちらかって
きたので、終わりにします。

この記事は単に、yokkuの夢の話を記しました。
特定の誰かを責めたい気持ちがあるわけでは
ありません。

だれかの、夢の持ち方(考え方とか)の参考になれば幸いです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました