夢を持てない人へ

bike ほっと一息

こんにちは。yokkuです。
なんとなく、「夢」について検索してみました。

そしたら、夢を持てない人、見つからないと悩んでいる人、
夢を否定されたり、そんな夢叶うわけがないとツブされたり、
色々悩んでいる方がいるようですね。

個人的には、なにやら順番がおかしい気がするので、
その事についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

夢ってなんでしょうね?

個人の持ち物である

夢を否定されるなんて聞くと不思議な感じがします。
夢って完全に個人の持ち物で、自由と言うか、
勝手に湧いてくるものだと思っています。

それが、他人に何か言われて、諦めてしまう。
おかしいのかもしれない。と、考え直してしまうというのは、
どういうことなのか。

おそらく、それは、夢では無いのではないでしょうか。
私の理解では、夢は、誰かに何か言われても、
消えないし、変えられるようなものでは無いと思っています。
変わっていく事はあるでしょうが、変えられるようなものでは
ないと思います。

その様なものは、おそらく、希望なのか、理想なのか、
自分がなりたいと決めた、目標なのか、
そう、あるべき。と自分に言い聞かせて、夢として決めた
だけなのであろうと思います。

誰か他人に言われて、揺らいだり、諦めたりするようなモノは
あなたにとって、ある意味その程度のモノです。
それは、夢ではないので、さっさと捨ててしまいましょう。
そもそも夢と思っていた妄想です。

決めない、作らない

そもそも、夢は考え抜いて、決めるようなものでもないですし、
夢を決めると言うような考え方は誤っています。
それは、理想であって、夢ではないですね。

夢は、自分の中にあるピカッと光るモノを気が付いて見つける
モノだと思います。
作り上げるようなものでは無いです。

このあたり勘違いしている人がすごく多いように思います。
「夢を持て」なんていわれるからなんでしょうね。
持て、と言うと、自発的に何か取りに行く行為と
感じてしまいます。
夢を持った人が言う言葉なので、「夢を持て」と
なってしまうんでしょうね。

夢を持ってない人に夢を持てと言うのは誤りです。
ただしくは、「夢に気が付け」が正解ではないでしょうか。
夢は自分の中にゴロゴロ内在しているモノであると
感じています。
ただ、自分で、自分の夢に気が付くのは
大変だとも感じています。

感覚的には、発掘調査みたいな感じでしょうか。
そのイメージだと「夢探し」はニュアンスが近いかもしれません。
自分の好きな事だったり、得意な事って気が付いていない事
多いです。
「好きな事なんて、自分でわかる。」と思った人。
傲慢ですね。改めましょう。

例えば、友人や、知人に紹介されて、行った美味しいお店で、
「こんなおいしい物食べたことが無い!」なんて思った事、
1度や、2度あるのではないでしょうか。
そうです、美味しい食事程度の事も、知らなかった。
と言う事です。

好きな食べ物があれば、リピートしたりしますよね。
知るまでは、自分の好きな食べ物なのに知らなかった。と
言えるのではないでしょうか。

「自分の好きな事、物なんて自分でわかる」そんなのは妄想ですね、
出会わなければ、自分が好きであることにすら気が付かない物や、事、
沢山あるんです。

大きい夢、小さい夢、そして強さ

大きい夢

はい、夢は大きい方が良いと言われますね。
これもおかしな話しだと思います。
子供の無垢な感受性だと、大きな夢を突然、
つかむこともある事もありそうですが、
もう大人になったら、何の脈絡もなく大きな夢を拾う事は
そうそう、ないでしょう。

通常、現実に生きてますからね。
お金を稼いで、飯を食い、家に住まう。
現実を、計画的に遂行しなけば生きていけません。
ですから、夢を考える時に、
どうしても現実の延長になります。
実現可能なのか?と。
おかしなことではありません、現実を生きてますからね。

年齢が、上がれば上がるほど、現実を生きる経験値が
高い状態だと思います。
夢を探すときに逆に、年齢が上がれば上がるほど、
この経験値が邪魔をしてきます。
知らず知らずの内に、行動の制限のみならず、
思考の制限すらしていると言うことです。

例えば、物の購入なんてわかりやすいですね。
無計画に買い物すれば、借金が膨れ、破産します。
そうならないように生きるわけです。

思考の制限もかけていることに気が付くべきです。
ワクワクする事に出会っても、経済的、時間的、労力を
さっと計算してしまいますし、できてしまいます。
そこで、やめとくか。となってしまいます。

ですので、無垢な子供の方が、
現実をまだそれほど生きてませんので、
何かの拍子に見かけた人や、
本で見た知識にあこがれて、
消防士になりたい!とか、
宇宙飛行士になりたい!とか思うわけです。

大人の夢探しは、子供のソレとは
この部分が大きく違うと思います。

かといって、大きな夢が持てないのか?
と言うとそうは思いません。
いきなり、何の脈絡もなくわいてこないと
先ほども書きました。

通常、現実に生きているせいで、
夢を発見する体になっていません。
まずは、夢を見つける事が出来る体にすることから
始めるべきではないか?と思います。

小さな夢から見つけるのが良いのではないでしょうか。
別に小さいからと言って「夢では無い」と言うのは
おかしな話だと思います。
逆に、夢とは大きくなければならないという誤解が、
夢を持てない原因だと早く気が付いて欲しいです。

小さな夢

さて、小さな夢です。
夢が見つからない人は、思い切ってハードルを下げましょう。

もう、ワクワク、ウキウキする事は夢としてとらえてしまいましょう。
そもそも、夢が見つけられない人は、
夢に鈍感なんですね。
自分の夢に気が付くトレーニングからと言う事です。

そうですね、小さいモノなら、寿司が好きなら、
「美味しい寿司を食べに行く」は夢でよいのではないでしょうか。
美味しい寿司を食べに行こう!となると、ウキウキしませんか?
その感覚は、夢と言ってよいでしょう。

「そんな小さいものは。。。」と言うなら、お気に入りのアーティストの
コンサートに行くとか。くらいの大きさなら理解を得られますかね。
行きたい、行ってみたい!と思ったら夢を持ったと認識しましょう。
「楽しみ~♪」と感じたならばそれは夢であると認識してよいのではないでしょうか。

強い夢、弱い夢

小さい夢に気が付けるようになったら、
強さと、弱さも感じ取れるようになりましょう。

極小の例ですが、焼肉と、寿司、どちらを食べに行く方が
ワクワクします?
比率で言うとどちらかしらね、焼肉の方が人気があるか?
どちらでもよいですが、焼肉を選んだとしたら、
夢の強さとしては、焼肉の方が強いと言うことになります。

極小の例で例える事の良さは、
誰に聞いても同じと言うわけでは無い、
と言うことが分かりやすと思います。

あなたが、焼肉の方が夢が強いのであれば、
他の人がおかしいと言おうが、
寿司好きと意見がわれても、
焼肉の方が強ければあなたにとって強いのは焼肉です。
誰にでもわかる事です。
他人に言われてそうそう簡単に曲がるものでは無い事が
分かると思います。

小さな夢に気が付けるようになったら、
より強い夢なのか、弱い夢なのか、気にしましょう。

弱い夢はすぐに忘れますし、諦めも早いヤツですね。
強い夢は、「もう我慢できん。ヤル!」って強い思いが
あるヤツですね。
「今日は絶対焼肉食べるんだ!」そういう事ない?
あれ、強い夢って思っていいと思うのよね。

ほかにも、学校さぽってでもこっそりコンサート行く!
とか、夢が強いとそんな事も思いつくよね。

小さな、夢、小さくとも強い夢に気が付けるようになったら、
沢山、気が付きましょう。
もうそこら辺まで来ると、自分探しですね。
実質、夢探しだと思いますけども。

夢は育てる!

自分探し

自分探しというか、夢探しなんですが、
ここも間違えないで欲しいです。
確かに、自分の好きな事、ワクワクする事に
気が付く事が、夢探しではありますが、
待っていても夢は勝手にやってきません。

何かを新しく知ったり、行動してみて気が付いたり、
何かを新たに行動してみないと、
新たな発見、気づきはありません。

懲りずに極小話し続けますが、
寿司のチラシをみて、食べたことない魚のキャンペーンしてる
とか発見があると、食べてみたくなったりします。

新製品のニュースみて、欲しい!って感じる事もあるでしょう。

友人に無理やり誘われて行ったゴルフが楽しくて病みつきになったとか。

何か情報(行動から入る情報も含む)が入ってこないと、
自分の隠れた好きな事、
ワクワクは見つけられません。

自分探し、夢探しは、なにかを知る事、
行動してみた中で、見つける事が出来ます。
一生懸命記憶の中で、自分の好きな事、
ワクワクする事を、思い出しながら探すのも
悪い事ではないと思いますが、
かなり無駄な行為だと思います。

そんな中に、新たにワクワクできるような事が、
埋もれているとは考えにくいです。
だって、自分の過去経験した、好きな事なんて、
覚えているでしょう?
新しいワクワク探した方が絶対に効率的です。
情報を入手しましょう。行動してみましょう。

夢は活きている

さて、極小の夢、焼肉、寿司で言ってみます。

「今日は」焼肉、「明日なら」寿司とかってありますよね。
夢って時期や、年齢によって変わると思います。
入ってきた情報にもよると思います。

入ってきている情報、
これまでの経験などから、
その時々で感じるものが異なるでしょう?
その事を言っています。

たとえば、10代の頃、夢中で追いかけたアイドルの
ことに、40代になっても夢中になれるか?
おそらく、状況は変わっていると思います。
これは、夢が弱くなった方の例ですね。

強くなる方の例では、
子供の頃夢だった、XXしてみた。みたいなやつでしょうか。
仕事引退して、時間が出来たからチャレンジしてみた。
と、言うように、状況で夢が強くなったりすると思います。

ほかにも、ラ・カンパネラおやじのように
人生経験がある為に感銘を受ける事もあるでしょう。
こちらは、年齢を重ね、人生経験があるからこそ、
強い夢を持った例ではないでしょうか。
もっと早くに、出会っていたら、
様子は異なったのではないかと思います。
年齢で変わる例ですかね。

その時々によって夢は強くなったり、弱くなったり、
しています。
毎日、情報は体に流れ込んでますからね。
今日の私の夢は何が強いのか、敏感にならないと
自分の夢気が付けないですね。

これ、結構大変だと思います。
かなり頭を柔らかくしておかないとできない。
思考で判断するのではなく、
感受性を高めておかないと
見落としてしまう。

好きな事は突き詰める

より好きな事、強いワクワクに気が付いたら、
もっと進んでみましょう。
何かを知ってみて、行動してみて、楽しー!
と思ったら、そこで終わりにするのはもったいないと思います。

程度の差はありますが、強そうな夢というか、
ワクワクの時はもう少し踏み込んで、
やってみましょう。
自分にとって、向いているモノ、夢なのか
探しに行ってみましょう。

趣味が高じて~ってヤツありますよね。
あのパターンを目指すのが、夢探しとしては、
敷居がひくいのではないでしょうか。

たとえば、「そば打ちが高じて蕎麦屋を始めました」とか。
おそらく最初は、自宅で、暇なのか、そば好きなのか、
体験なのかしりませんが、
ソバを打ってみた。から始まっていると思います。

美味しかったのか、楽しかったのか、
続けるうちに、美味しいソバが打てるようになったら、
知り合い、ご近所に配ったのではないでしょうか。

評判がよく、そのうち店やってみようかなと、
感じ始めて、さらに修練をつみ、
店を開くまでに至る。

そんな流れが想像できます。
その場合、最初から店を持つ事が夢であったのでしょうか?
違うと思います。

ソバ打ってみたい夢
→人に喜んでもらいたい夢
→店も持ちたい夢

と状況に応じて、夢が変化していると、
思うわけです。
自分が好きだ、と思ったら、
次へ、次へ、進んでみましょう。

夢が本物なのであれば、
夢は育つのではないかと
考えています。

最初の小さな夢をくだらない事だ、
と閉じてしまったら、
自分の夢に気が付けないまま閉じているかもしれません。
非常にもったいない事です。
自分の好きな事は、ワクワクする事は、
大事にしましょう。

先の例は行動が主の例でしたが、
知識的なモノでも同様です。
いいな。と思ったらさらに深く調べてみましょう。
知れば知るほど面白い事に出会えるかもしれません。

あなたの、好きな事なんて、
他人から見たらどーでもよい事です、
あなたが、好きな事だと感じたら、
自分で大事にしましょう。

こうしてみると、いわゆるオタクな人は、
自分に忠実で、自分の好きな事を見つける力が、
強い人と言えるのかもしれません。
一般の人から見ると少し異常とも見える、
執着や、欲求がある為なのだとおもいます。

おそらく、夢と言えるモノも強く持っているものと、
想像できます。

オタクという言葉には、
ネガティブなイメージが
あるように感じますが、
その様に思ってしまう、言ってしまう人が
多くいる世の中は、夢がなく不幸せな
世の中であるように思います。

自分の中の好きに気が付くことができ、
誰におかしいと思われようが、
突き進む強さがあります。
とても人間らしく、ステキな強さですよね。

ま、最近は、以前ほどオタクは
ネガティブワードでは無いですけどね。
むしろ、ビジネス的にオタク、
専門性を突き詰めた方向が強い傾向に
なってきているそうです。

立ち止まっている暇はない

そんなわけで、夢を持てない人、
夢を持っている人、問わず、
みなさん、知識など情報収集や、
何か行動しやってみる事を
沢山やった方が良いのでしょうね。

もうね。夢が持てない。
見つからない。とか言ってる時間は無駄ですね。
とにかく、動く、その中で、夢に気が付いて拾い集める。

動きまくる事が大事なのではないでしょうか。
また、あまり好きでないと感じたら、
さっさとやめるか、諦めましょう。
「とにかく頑張ってみる」とか、
「なんでも一生懸命やってみる」とかアホな意見は無視しましょう。

夢探しにおいて、ワクワクしない事なんて、
方向性として探す価値はないですね。
無駄なだけだと思います。
人生は短いです。
そんな回り道してる暇はないでしょう。

もっと、ワクワクすることしよう。

夢の見つけ方、かなえ方の具体的な手法として使えそうな本みっけ。

ネガティブでも叶う すごい「お願い」 本当に現実が変わる「引き寄せ言葉」と意識の使い方 | MACO |本 | 通販 | Amazon
AmazonでMACOのネガティブでも叶う すごい「お願い」 本当に現実が変わる「引き寄せ言葉」と意識の使い方。アマゾンならポイント還元本が多数。MACO作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またネガティブでも叶う すごい「お願い」 本当に現実が変わる「引き寄せ言葉」と意識の使い方もアマゾン配送商品なら通常配送...
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました