ラ・カンパネラおやじ にみる夢の強さ

Strengs ほっと一息

こんにちは。yokkuです。
ラ・カンパネラおやじ さん凄いですね~

52歳で一念発起して、
華麗なるピアノ演奏を奏でるまでになったおやじさんです。

「夢をあきらめなければ、こんなおやじでも夢はかなうんです。
諦めないでください」
な趣旨の事を、インタビューで話されていました。

んー素敵です。

スポンサーリンク

夢って?

みんな大好き

ラ・カンパネラおやじが人気なのは、
華麗なる演奏を賞賛されている方もいますし、
短期間での上達をもって努力されることの素晴らしさを
褒めている方もいらっしゃいます。

少し文字が長いので、今後は ラおやじ で略しちゃいます。

ご本人も夢を持つことの大切さを語っているようですし、
確かに大切な事だと思います。

とても、ドラマティックですよね。
感銘して、練習して、目指した方と共演するほどまでになる。
サクセスストーリーですね。

人気がある理由というか、賞賛、応援している人の
根底には、あんなエネルギッシュに何かに取り組みたい、とか、
自分もそうなりたいという願望があるように感じます。

頑張るの?

さて、ラおやじがそのようになれたのは、
頑張って練習したからなのでしょうか?

確かに練習はしたのだと思いますが、
「練習しよう」と言う意識ではなかったのではないかと
思います。

おそらく、「完成させるためには、
次はココを弾けるようにならないとー」
と、夢中であったのだろうと思います。
1日8時間とか弾いていたってことなので、
それこそ夢中で目の前の事をクリアしていったんだろうなと。
それは「頑張った」と言う事とは少し意味合いが
異なるように思うわけです。

強さ

ですので、同じように頑張れば、同じことができるはず、
と解釈するのは誤りであろうと思います。

「好きこそものの上手なれ」と言いますが、
やりたくない事は、いくら努力してもあまり上手には
ならないのだと思います。
そうですね。集中力が異なるとかそんな感じでしょうか。

夢の強さが大事なのだと思います。
夢の大きさではないですよ、強さです。
夢が強いというと、より達成したい意欲に満ちているイメージですね。

例えば、yokkuもピアノ弾けたらいいなと思っています。
ラ・カンパネラ良い曲だと思いますし、
弾けたらいいなと思います。ま、夢ですね。
仮に、ピアノがある環境であったとして、
同じようにラ・カンパネラ覚えようと練習したとしても、
同じように弾けるようにはならないです。

練習はつらく、続かないでしょう。
でも、ラおやじはおそらく違っていたと思います。
練習につらさは感じなかったと思います。
疲れたな。はあったかもしれませんが、
つらいな。今日は嫌だな。なんて思う日はあまりなかったのではないでしょうか。

夢の大きさと言う意味では、yokkuでもラおやじでも似たような大きさ
なんじゃないでしょうか。

この差が出るのが、夢の強さ故ではないかと思います。

鍛えるものではないのかも

さて、じゃぁyokkuも夢を強くすればいけるんじゃね?
ってことですが、夢を意識的に強くするのは難しいように感じます。

夢って考え抜いたり、努力するようなものではないですよね。
感じるものだと思います。
熟考すれば、夢が強くなるかというと
それほど強くはならないんじゃないかと
思います。

それでは、yokkuと、ラおやじ でどこで夢の強さに差が出たのか?
ってことですが、大雑把に言えば環境でしょうか。
境遇とか。

落ち込んだ時に、曲を聴いて感銘を受けて目指した。
と言う事でしたが、奥様はピアノ教室をやっていたとのことでしたので、
耳が肥えていた為より、曲を聴いたときに、より心に響いたのかもしれませんし、
人生経験のなかで、何か人の為になりたい思いなどを持っていたのかもしれません。
52歳と言えば、人生としては半ばを過ぎそういう思いも頃だと思われ、
何かをやりたい意識もあったんだと思います。

それまでの、知識、経験、思い、環境などがバックボーンとして、
あった中で、曲を聴きビビッと感銘されたのだと思います。
幸いな事に、手近に良いピアノがあった事なども
後押ししていたのだと思います。
夢は強くなりづつけるわけでもなく、熱はすぐ冷めたりしますね。
熱いうちに、行動に移せたことで、熱が冷めなかった理由にも
なるのではないでしょうか。
そして、夢を強く持ったのだと思います。

このあたりが、夢の強さの差になるのだと思います。
夢の強さとは、夢をかなえたいという想いの強さですね。

探そうぜ

さて、そんな夢を探したいものですね。
さてどうするか。
ですが、探したって無駄ではないでしょうか。
先ほど感じるものだと言いました。
自分の中で光った時に見つけてあげる感じだと思います。
どうしたら、自分の中で夢がピカッと光るのか。
夢が燃え上がるのを感じることができるのか。

色んな事をしてみるしか無いのではないでしょうか。
きっかけとしては何かを知る事が大きいと思います。
情報なのか、体験なのか色々あるかもしれませんが、
きっかけは何か情報を得た時でしょう。

いいな。と思ったり感じたりした事を見逃さずに、
掘り下げる事も大事だと思います。
ラおやじの活動を拝見するに、感銘を受けたのち、
他の人にこの感動を届けられたらいいなと
想いが転換されているように感じます。
感激して終わらなかったんですよね。
何か考えたんだと思います。

色々な事が、繋がってきて夢が強くなってきたら、
少しづつ夢に向かって歩み始める事も大事だと思います。
おそらく、一歩も踏み出さないと、
夢は褪せ消えてしまうのではないでしょうか。

この、自分の中で夢がピカッと光った時に気が付けるかどうか
ってとても大事だと思います。
大変そうだからやめとくか、なんて見なかった事に
してしまったりしていませんでしょうか。
もし本物のピカッだった場合、かなり不完全燃焼な
気分のまま過ごされていると思います。

自分の夢は自分でしか気が付いてあげることができません。
誰かが見つけてくれる事は普通はないでしょう。
気が付かず自分の夢に蓋をしてはもったいないです。
いつも、強い夢なのかどうか見守ってあげないといけないと思うわけです。

私も、自分の強い夢を探して、歩き回っている感じでが、
いつか見つけて見せます。

おやじ元気貰ったぜ!ありがとー

La Campanellaおやじの挑戦(8年にもなっちゃいました)8 years since I started playing the piano
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました