フォトブック作った事ある?

images ほっと一息

こんにちは。yokkuです。

さて、外出自粛でなんともつまらないゴールデンウィークでしたね。
旅行に行きたいなー。

さて、みなさんはフォトブック作った事ありますでしょうか?
さして珍しくもなですけどね。
デジカメ写真や、スマホ写真を、製本してくれるアレです。
お子さんがいる方などは、フォトブック
作成されている方も多いのではないでしょうか。

1年か、2年に1度、海外旅行に行くのですが、
その際、毎回、帰国後にフォトブックを作成しています。
写真だけではなく、イラストや、コメントを入れた旅行記的なヤツです。

旅行を更に楽しいモノにしてくれます。
その事についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

旅行がさらに楽しく!

きっかけ

フォトブックの作成を始めたきっかけは、
結婚式の写真集をプロのカメラマンさんに
お願いしたのが始まりでした。

まぁ、普通ですね。写真、動画、比較的記録におさめていると思います。
動画もありましたが、手に取って見返すのは、
どうも本(写真集)の方でしたね。

さすがプロのカメラマンさん、
リアルより素敵に見えるくらいでしたね。
少し、写真の力を見直しました。
何度見ても感動的なんですわ。
腕なんでしょうね。

そんな事がありまして、旅行後の写真が沢山あった時に、
「そうだアルバム作ろう!」ってなったんです。

どんな感じなの?

フォトブックなかなかいい価格するんですよね。
写真の現像っていうのとは少し異なります。
気に入ったモノだけを集めて製本する感じです。

でもやっぱり、写真を並べただけだと少し寂しいわけです。
きっかけが、そもそも、プロのカメラマンさんの
素敵なアルバムだったこともあり、
ドラマティックなアルバムにしたいわけです。

でも、所版は枚数ばかり押込めたフォトブックで
はっきり言って失敗作でした。

一応、製本前の申し込み時点でのデータチェックでは良い!と
思ったんですけどね。そんなに甘くありませんでした。

フォトブックで探すとそれこそ色々なお店が検索にHitしますが、
ウチの場合、旅行記的に使いたいので、
自由レイアウトで、ページ調整ができ、
テキスト入力、エディタの自由度が高め
サイズはA4縦 で探して使ってます。
フォトブックだとA4は大きい方のサイズでしょうか。
見開きで使った写真が迫力あって好きなんですよね。
横レイアウトはなんかレイアウトが難しくかんじたので、
もうしないかな。

読んだ時に(読むでいいのか?)50ページくらい無いと
物足りなくなってきましたので、100ページくらいまで
ページが増やせるのを使ってます。
ページ固定の商品が半数くらいでですが、
定数以上ページ数が増やせる商品もあります。

いつもお世話になってるフォトレボさんはあとでリンク張っておきます。

それで、所版は何が失敗って、
景色が良い写真が沢山あったにもかかわらず、
枚数がおおかったもので、
細かく多く、並べてしまったんですね。
小さい写真がぎっしり並んでいて、
メリハリがない感じに。。。
製本された本を見たら痛感して、
本当に気に行った20枚ほどをA4 1ページに1枚版を追加で作り直しました。
同じ写真を抜き出して、さらに作成するのは無駄遣いかと思って迷いましたが、
作っておいてよかったです。

旅行後も楽しい

さて、フォトブックを作成することの効能。
効能でいいのかしら?いい言葉が思いつかなかった。
ボキャブラリー無し男。

素敵な思いでを写真に残してこう!はもちろんあります。

それ以外に、製本する過程で、写真が厳選されるわけです。
枚数が、少ないと少し寂しいのですが、
多ければ良いというものではない事が、
何冊か作るうちにわかってきました。
残念なショットは潔く削らないと興が覚めますし、
ダラダラと似たような写真を並べてしまっても
またダレた本になります。

そもそも、ウチの家族は写真文化があまりなかったので、
写真を撮るのが下手なわけです、特に私が。
その為、数うちゃ当たる戦法を使って、これでもかと
撮りためて帰ってきます。

前回の写真データを確認してきましたが、少ない日が200枚くらい、
多い日だと800枚ほど撮影してました。。。

この中から、これは!と言うものだけに絞って
デザイン、レイアウトしていくわけです。
旅行記的な要素が欲しいので、順番や、
場所もわかるように作りたいのですが、
ホテルの写真を何枚も入れたりすると、
また、ダサいので、チラッとわかる程度で
リズムを壊さない感じにしたい。
とか意味わからないこだわりが出てくるわけです。

ただ、一人では仕上げません。
作成は持ち回りで担当します。
前回は私が作成だったかな?
そしたら、別の家族が内容確認です。校閲ですね。
ダメ出しをもらってまた修正。
「この写真は、こっちの方がよくない?」とか、
「コメント書かせて♪」とか。

実はこの過程がおもしろい。
同じ場所、同じところで、同じ事をしていたはずなのに、
覚えている出来事がちがうんですね。
そんな事がちょくちょく発生します。
せっかく作成したのに、
ダメ出しされるとイラっとしますが、
これを乗り越えるといい作品ができます。
(うぬぼれんなw)

それだけの枚数から、の厳選、校閲なんてしていると、
かなり写真を見返すわけです。
トリミングしただけで見違えるほどよくなるショット
とかもあるのでかなり時間かかりますね。
後から、コメント用の情報を調査したり、
イラストとして国境の写真さがしてみたり。

枚数が枚数なので、頑張ってもひと月くらいはかかります。

旅行を再度味わえてお得です。
旅行中ってかなり、一瞬で過ぎ去りますよね。
記憶にしても、景色にしても。
フォトブック作成過程で、かなり思い出したりして
旅行を無駄にしない感じですね。
観光順もレイアウトに反映させたりしますので、
記憶も、より鮮明に定着していきます。

そういう意味だと、旅行記ブログとか、
動画編集できる方は同じような効果はあると思います。

旅行中も楽しい

3冊作ったあたりから、慣れてきて、
もう旅行中からアルバムを作る構想やら、
使いたいショットが頭をよぎるわけです。

このショット使えるかも?
なんて考えながら歩き回るわけです。
以前なら、ダラダラ見学して終わりだったかもしれないような場所でも、
ステキなショットが欲しいので歩きまわったりします。

なぜか、自分が写真に写るのがあまり好きではありませんでした。
まぁ、ハンサムなわけではないので当然なんですが。

でも、アルバムを作ろと思うと話が変わります、
にこやかに皆が写ってる写真が何枚かは欲しくなります。
笑顔ショットも欲しいですね。
笑顔の写真が何枚かあるだけでHappy感が段違いなんですよね。
コメントではとてもじゃないけど追いつかない。

使えるショットが残らないと意味が無いので、ソコソコ枚数撮らないと。
今!シャッターチャンス!って思っても焦りすぎると、ブレたりするし。
プロの写真家さんてスゲーなとか改めて思ったりします。

面白いもので、フォトブックを作ろうって思ってると、
宿で感謝したり、ありがとうって思った時に、
笑顔を一緒に撮りたくなるんですよね。
こんな事でもなければ、
店のおっちゃんと方組んで写真なんて撮る事なかったとおもいます。
「サービスしてくれてありがとー(><)b」みたいな

後で、コメントだけ書いてもなんか味気ないんで。
ステキな場所だなーと思ったらそれを表現した画を撮りたくなる。
現地で色々とポージングを試してみたりするわけです。
もうね、おっさんになってくると、
何もない状態ではしゃいだりできない訳です。

スマホも、カメラも色味とかも気にするようになりました。
キレイなだけではなくて、より鮮やか、ドラマティックに
見えるように撮れるヤツが好きですね。
リアルな、自然さよりも、より盛り上がる方の画がいい。

そんなわけで、旅行もより楽しめるようになりました。

今後は、アクションカメラあたりをどう活用していくかが課題です。
海水浴とか、この前はホーストレッキングしたんですが、
スマホや、普通のカメラだと、欲しかった画がとれない。と言うか
撮りずらい。どうしてもショット数が少なくて、
欲しいページが作れない。
ま、旅行が楽しいのでそれはそれで構わないのですが。

けして高くはないでしょ?

さて、フォトブック、ソコソコお値段しますと書きました。
安価な方のソフトカバーで作成しても、
1ページあたり、200~100円くらい。A4。
枚数増えて来ると少し割安になってきます。
100ページ作ったら1万くらい。

でも1週間とか海外旅行に行ったら、30万/1人とかかかるわけです。
その旅行が3倍くらい楽しめるわけです。
追加の1万くらい安っいもんですわ。
また、本と言うのがいい。
雑におもちゃにしたりしなければ棺桶にまで持っていけるでしょう。
長持ち感はデータより上ですね。
しかも厳選まとめですからね。
見返しても楽しいわけですよ。
一生楽しめると考えると、
とても安いともいえるんじゃないでしょうか。

編集が面倒な人は、最近は自動で良写真を抜き出してくれて、
自動レイアウトしてくれる、サービスなどもありますので
活用してみてはいかがでしょうか。
あの技術はどうなってるんだろうね。
単純に写りが良いってだけじゃなくて凄いですね。

作成したことが無い方は、
ぜひご家族で楽しんでみてください。

yokkuがお世話になってるフォトブック・フォトアルバム屋さんはこちら。
PhotoRevo

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました